中古物件の一戸建てが売れている理由|色々と工夫して家を快適に

つみ木

狭小住宅の物件探し

一軒家

適しているかどうかが重要

家の建築に必要なことといえば土地探しで、これは住宅メーカーへの建築依頼よりも時間をかける必要があります。最近話題になっている狭小住宅を茅ヶ崎で建築するときも、それに対応した土地を探さないとだめです。狭小住宅は普通の住宅よりもかなり狭い土地を利用して建築するため、大きな土地を購入しても意味がありません。大体どれくらいの坪数が必要なのかというと、最低9坪の土地でこれを基準に考えると良いです。そして土地を購入してもある程度成約があるので、好き勝手に建築できるわけではないことを覚えておきましょう。その特殊な外観から、上に延びる形状になるのが狭小住宅の特徴になります。実は建築物には建ぺい率と呼ばれるものがあって、敷地面積の割合により決まるのです。容積率も関係し各地域に適した高さに設定しないといけません。縦に伸びる住宅が基本なので、狭小住宅を茅ヶ崎で建築する時、なるべく建ぺい率と容積率が大きめに設定された地域の土地を買うのが基本です。具体的にどういう立地が良いのかというと、角地になっているところや公園と隣接している部分の土地がこれに該当します。他にも耐久力は十分確保しないといけないので、ゲリラ豪雨の多い地域は避けておくと良いです。資産価値を重視しているのであれば、茅ヶ崎のターミナル付近の土地を買う、もしくは環境音がほとんどなく静かなところにするのがおすすめといえます。これらを考えて茅ヶ崎で土地購入するといいでしょう。

Copyright © 2017 中古物件の一戸建てが売れている理由|色々と工夫して家を快適に All Rights Reserved.